早漏対策を考えて忍耐力や体力の上昇に行ったこと

私は学生時代から運動と縁がなく、マラソンでは最後のほうでゴールするなど、常に文化方向の部活に所属していました。大学を卒業して、社会人となって初めての彼女ができました。

彼女は運動で学生時代を過ごしており、私とは正反対の学生時代を過ごしてきました。初めての性行為は経験がないため、うまくいきませんでしたが、2度目の性行為も早漏を理由に成し遂げられませんでした。その後の性行為のときも早漏を原因に彼女を満足させることができず、1分ほどで果ててしまうほど状態が続きました。

私は彼女を満足させるために体力を付けていくことが大切だと感じました。将来は彼女と結婚を考えているため、今から性生活を充実させないと別れの危険を生み出すと考えていました。バイアグラなどの製品に頼って解消する方法は最終手段だと考えていたため、自分の力で早漏を解消させることが必要だと思い、現代の基礎の体力を向上させることにたどり着きました。

早漏のの悩みを解消する方法として、自分で考えたいくつかの方法を実行していくことになりました。ジョギングして帰宅する日を設けたり、週に1度か2度のペースでスポーツジムに通うようにして、基礎の体力を高くするための挑戦を開始しました。最初の数ヶ月は苦しいことや耐える気持ちばかりが先行していましたが、半年ほどが経過するうちに、体を動かすことがだんだんと快適に感じられるようになり、だんだんと彼女との性行為にも変化が生まれていきました。

これまで早漏だった私はジョギングやスポーツジムに通って身に付けた忍耐力や体力の上昇にうよって、1分ほどから5分ほどに伸ばすことができました。彼女はこれまでよりも満足してくれるようになって、私としてはとてもうれしく思っていましたが、これ以上の体力上昇は自分で行える限界を把握しました。彼女がどうしても満足できない性行為のときのみ、バイアグラに頼ることにしました。今後も忍耐力や体力は現在の状況を維持するために心がけ、これ以上の早漏は避けけいてたらと考えています。

自分による努力を継続的に行うことで、ある程度の範囲なら早漏対策は可能だと体験してわかりました。