ストレス解消になるお酒が筋トレにはマイナスになる

お酒を楽しみにしている人は多いですね。

仕事の終わりに飲めば爽快ですから、家でも飲む人はたくさんいます。ですが、筋トレをする上ではあまりアルコールは良くありません。ここではアルコールと筋トレの関係について知りましょう。

男性ホルモンの分泌が低下する

筋トレをする事で分泌されるホルモンは複数ありますが、テストステロンもその一つです。このホルモンはタンパク質の合成を促し筋肉の成長を助けます。筋肉を付ける上では外す事ができない重要なホルモンです。筋肉の成長のためにテストステロンの分泌を促すサプリもあるくらいに重要視されています。テストステロンの量が多いほど、筋肉は作られやすいとされています。ですがお酒はテストステロンの分泌を阻害します。ですからアルコールを飲まない方が筋トレにはいいと言えるのです。

内臓を酷使する

筋トレをした後の体は筋トレの負荷によってダメージを大きく受けています。また実は内臓もダメージを受けています。この状態を早くに回復させる事により筋肉の成長を促す事ができます。ですが体にとっては毒素になるアルコールが入ってくると、肝臓はその毒素を取り除くためにアルコール処理をがんばります。この事だけでも肝臓には大きな負担になります。

さらに、アルコール摂取は体の疲労を回復するためにフル稼働している内臓にも負担がかかります。これでは内臓機能が落ちてしまい回復がスムーズにいかなくなります。

トレーニングサイクルが狂う

筋トレの効果を最大限出すためにはトレーニングのペースも重要になります。中でも重要になるのは超回復の時期です。筋肉が回復してさらに強くなる時期ですが、この超回復の時期に合わせる形で筋トレをする事が重要です。

ですがお酒を飲んだ事により超回復がスムーズにできない事や、2日酔いなどの体調不良によりトレーニングのペースに乱れが生じてきてしまいます。筋肉のためにアルコールを一切飲まない生活を送るのも良いですが、それが難しいのなら飲み方には注意しましょう。