私の勃起不全と回復までの道のり

私が41歳の時に勃起不全により、性欲はあるのに妻との夜のコミュニケーションが出来なくなりました。

 

その日は、職場の同僚と仕事帰りに食事して、メニエール病の薬を飲まないといけないので、アルコールは摂取せず午後10時くらいに帰宅しました。翌日は、仕事が休みだったので妻と「こと」に当たりましたが、途中で柔らかくなって全然出来なくなりました。

 

妻には、「ごめんね、メニエール病の薬のせいかもしれない、今日は無理だから次は頑張るよ」と言って、その日は途中で終わりました。飲み過ぎた時に出来なかったというのは、結婚して15年間のうち2回ほど有りましたが、その時はアルコールは入っていなかったので「あれ歳のせいかな、それとも服用している薬のせいかな」と思いちょっと複雑な気持ちでした。

勃起不全で1ヶ月で3度の失敗

前回、固くならなかったので「今回は、大丈夫かなぁ」と不安な気持ちを抱えつつ「こと」に当たりましたが、途中から萎えてしまいお手上げです。妻に悪いし、このまま出来なくなるんじゃなかろうかと精神的な落ち込みはきついものがありました。

 

そして、今日こそはと3回目の「こと」に当たりましたがもう体が言う事を聞いてくれません。妻が嫌な素振りもせず「心配しなくて大丈夫よ、男の人はストレスで出来なくなるって聞いたことあるから、そのうち元気になるわよ」と言ってくれたのがせめてもの救いの言葉でした。

EDの薬が服用出来ないのでサプリメントと食餌療法にしました

私が勃起不全になった頃、メニエール病の治療を受けていました。通院している病院の先生に「最近EDになっているのですが、現在飲んでいる薬は関係有りますか?」と尋ねたところ関係は有りませんと言われました。

 

「EDの治療を受けようと思いますが薬の併用は大丈夫ですか?」と聞いたところ「薬の併用は危険なのでやめて下さい」との事で、シアリス・レビトラ・バイアグラの中で一番副作用が低いシアリスを使用したかったけれど、ED治療薬の服用者の90%の人に高確率で何らかの副作用が出現すると調査結果が出ているのでメニエール薬との併用は断念せざるを得ませんでした。

このまま、勃起不全で人生が終わると思うと気分が暗くなって来るので前向きにサプリメントと食餌療法で体質改善を計る事にしました。

私のED改善のためのサプリメントと食べ物

ビタミンE

毛細血管の血流の流れを良くしてくれます。勃起障害は、ペニスに血流が流れにくい状態になっていますのでビタミンEを摂取することが効果的です。
(私もですが、じんましん体質の人はサプリメントの過剰摂取で体に痒みが出ます。特にビタミンEの過剰摂取が原因となっています。痒みが出たらサプリメントの使用を一時中止して、ビタミンEとBを含んだ食事だけにして下さい。)

ビタミンEを多く含む食べ物

アンコウの肝・うなぎの蒲焼・アーモンド・菜種油・オリーブ油・マーガリン・ピーナッツバター・たらこ

ビタミンB群

性的刺激を脳に活発に伝えてくれて、脳や神経の働きを活動的にします。また、精神状態を落ち着かせストレスを軽減する効果が有ります。

ビタミンBを多く含む食べ物

豚肉・レバー・いわし・まぐろ・かつお・あさり・にんにく・にんじん・卵・納豆・きな粉

 

13ヶ月で勃起不全を克服することが出来ました

食事など、妻がいつも気を使ってくれてビタミンEとBを多く含む料理を、作ってくれたので体の状態は改善していきました。

夜の営みも無理してやるわけではなくボディコンタクトくらいでコミュニケーションを取ってましたが、13ヶ月目にしてやっとゴールインが成功しました。この成功のおかげで男として復活したという自信を取り戻し、それ以後は勃起不全で悩む事はなくなりました。